シリコンバレーインターンシップは、2011年より株式会社インターリンクが毎年開催している海外インターンシップです。
今年で8回目の開催となります。(女子学生向け海外インターンシップを加えると9回目。)

期間中はテーマの制作だけではなく、Google、Mozilla等の企業訪問、観光ツアーも実施します。
企業によっては食事会も開催。現地スタッフからは大変貴重なアドバイスを聞くことができます。

世界で活躍する SE を志している方、経験として参加したい方、応募理由は問いません。奮ってご応募下さい。

「2018年度 シリコンバレーインターンシップ」の募集を開始致しました。

募集要項

募集受付期間
2018年3月1日(木)~5月25日(金)
※5月18日に東京大学で開催する説明会実施に伴い、募集期間を延長しました。
募集人員
4名
実施期間
2018年8月2日~8月30日 (予定)
実施場所
アメリカ カリフォルニア州サンノゼ(シリコンバレー)
応募資格
  • ●C++のプログラミング能力がある方
  • ●大学生、大学院生、専門学校生の方で2018年8月の1ヶ月間シリコンバレー滞在が可能な方
  • ●現地責任者の指揮、監督に従って就業を進め、業務に関する守秘義務を遵守できる方
内  容
プログラミング、企業訪問(Google、シスコシステムズ、Mozilla、LinkedIn)(予定)
ピッチイベント見学、観光ツアー
待  遇
渡航費用(自宅から現地までの往復)、住宅は当社提供
給  料
無給。ただし、食費として1日あたり30$支給
応募後の流れ
  • ①書類選考
  • ②面接、およびプログラミングの試験
    ※面接及び試験実施場所は当社となりますが、来社が不可能な場合はスカイプでの実施となります。

今年のテーマ

仮想通貨の投機的な側面が昨今は大きく取り上げられ、若くして1億円以上稼いだとか、数百億円分仮想通貨が盗まれた、というような報道ばかりが目立ちます。
仮想通貨の基礎となる技術であるブロックチェーン技術は、非常に優れた技術であり、応用範囲も広く、世の中の仕組みを変えてしまう力を持っています。
野口悠紀雄先生は、その著書『仮想通貨革命』の中で、「これは反乱ではありませぬ。これは革命です。」という、フランス革命勃発時にリアンクール公爵がルイ16世に言った言葉が引用されています。
マウントゴックス事件から、事件が続いてしまっている中、私は、「これは事件ではありませぬ。これは革命です。」
と言い代えたく思います。
現在、猫も杓子も仮想通貨で、エンジニアもその多くはICO関連に就いているのではないでしょうか。大きな利益が期待できますから、それは仕方のないことですし、経済合理的な動きであると言えましょう。
しかしながら、このインターンシップは、利益を追求するものではなく、インターリンクにとっては、期間限定のラボとして位置付けられています。大会社ではないインターリンクが、様々な先端技術に取り組み、その可能性を検証するものです。
本年のインターンシップは、ICOを目指さないブロックチェーン技術の可能性にチャレンジしてもらおうと思います。2016年、2017年のインターンシップの成果であるソーシャルボランティアシステム「SOVOL」上で利用できるSOVOLコインの開発を課題としてチャレンジしていただきたいと思います。 代表取締役 横山正

シリコンバレーインターンシップについて

当社は小さな会社で、研究所を持っていませんが、インターンシップは、期間限定の研究所、という位置づけです。シリコンバレーで開催することで、優秀な学生さんに参加いただいており、また、常設の研究所なら同じメンバーですが、毎年違う学生さんが参加するため、分野の違う研究に毎年挑戦できるので、会社としては大きなメリットを感じています。そのうち・・・・一人くらい当社に入社してくれるんじゃないかという期待も、もちろんあります(笑) 。
また、当社も出資しているfemto Startupというファンドが、インターン生が将来、起業する場合に役に立てばいいなというようなことも考えています。

注意事項

  • ・ 期間終了後の当社への就職は、双方で合意のある時のみであり、就職をすすめるものでも、採用を保証するものでもありません。
  • ・ 試験実施日程については、応募者へ別途ご連絡します。
  • ・ 不採用の理由については、一切お答え致しません。予めご了承ください。

応募方法

応募フォームよりお申込みください。

応募フォームはこちら

よくある質問

海外インターンシップFAQページをご覧下さい。
インターンシップ生が書いた奮闘記へのリンクもあります。ご参照ください。

FAQページはこちら

お問い合わせ

件名を「海外インターンシップについて」として、info@interlink.pkまでお問い合わせください。

 

インターリンクはこんなことをやってます!

 

会社概要