シリコンバレーインターンシップは、2011年より株式会社インターリンクが毎年開催している海外インターンシップです。
開催地はTwitter、Facebook等が本社を構えるサンフランシスコ市内です。

サンフランシスコは世界的なインターネット新興企業(約1,900社)が本社を構え、
シリコンバレーの一部とする見方も強まっており、 テクノロジー企業に勤める若者から人気のエリアです。
このようなカウンターカルチャーが生まれる場所で、その空気を感じてほしいと願っております。

期間中はテーマの制作だけではなく、Google、Apple本社等の企業訪問、観光ツアーを実施します。
企業によっては食事会も開催。現地スタッフからは大変貴重なアドバイスを聞くことができます。

世界で活躍する SE を志している方、経験として参加したい方、応募理由は問いません。奮ってご応募下さい。

いよいよ2016年度シリコンバレーインターンシップがスタートしました。
インターン生が順番に奮闘記を書いていきます。ご覧ください。


募集要項

募集受付期間
2016年3月22日~5月25日 (※テーマ変更に伴い、延長しました。)
募集人員
4名
実施期間
2016年8月2日~8月31日
実施場所
サンフランシスコ
応募資格
  • ●プログラミング能力がある方
  • ●大学生、大学院生の方で2016年8月の1ヶ月間シリコンバレー滞在が可能な方
  • ●現地責任者の指揮、監督に従って就業を進め、業務に関する守秘義務を遵守できる方
内  容
プログラミング、企業訪問、観光ツアー
待  遇
渡航費用(自宅から現地までの往復)、住宅は当社提供
給  料
無給。ただし、食費として1日あたり30$支給
応募後の流れ
  • ①書類選考
  • ②面接、およびプログラミングの試験(Python、一部JavaScriptを含む)
    ※面接及び試験実施場所は当社となりますが、来社が不可能な場合はスカイプでの実施となります。

今年のテーマ

2016 年3 月 22 日より、「DQN をはじめとする機械学習を活用したアプリ開発」をテーマとして、「DQN を使う、DQN じゃない人」を募集して参りましたが、熊本地震発生後、被災地の希望とボランティアの善意が合致しない問題が発生していることを受け、「ボランティアマッチングシステム」開発の変更に至りました。既にネット上には、掲示板タイプのボランティア情報共有の場があるにもかかわらず、偏りや不足が生じており、当システムによって改善されることを期待しています。

【ボランティアマッチングシステム】
ボランティアを募集する自治体(もしくは団体)とボランティアを結びつけます。ボランティア内容、集合時間、場所や用意するもの、担当者の連絡先を伝えることで、ボランティアを募集する側と応募する側で最も適切な配置ができるようになります。被災地での支援活動に限らず、清掃、社会福祉、植林等でもご利用頂けます。

シリコンバレーインターンシップについて

当社は小さな会社で、研究所を持っていませんが、インターンシップは、期間限定の研究所、という位置づけです。シリコンバレーで開催することで、優秀な学生さんに参加いただいており、また、常設の研究所なら同じメンバーですが、毎年違う学生さんが参加するため、分野の違う研究に毎年挑戦できるので、会社としては大きなメリットを感じています。そのうち・・・・一人くらい当社に入社してくれるんじゃないかという期待も、もちろんあります(笑)

また、当社も出資しているfemto Startupというファンドが、インターン生が将来、起業する場合に役に立てばいいなというようなことも考えています。

注意事項

  • ・ 期間終了後の当社への就職は、双方で合意のある時のみであり、就職をすすめるものでも、採用を保証するものでもありません。
  • ・ 試験実施日程については、応募者へ別途ご連絡します。
  • ・ 不採用の理由については、一切お答え致しません。予めご了承ください。

よくある質問

海外インターンシップFAQページをご覧下さい。
インターンシップ生が書いた奮闘記へのリンクもあります。ご参照ください。

FAQページはこちら

お問い合わせ

件名を「海外インターンシップについて」として、info@interlink.pkまでお問い合わせください。

 

インターリンクはこんなことをやってます!

 

会社概要